イオンモバイルにMNP乗り換え、店舗で契約がお得

イオンモバイルにMNP乗り換え

携帯電話をイオンモバイルへの乗り換え、契約をイオンの店舗で行ったときの詳細です。

これまでは、スマホとガラケーの2台持ちでした。
スマホはデータ通信用(IIJmio)、ガラケーは通話専用(ドコモ)という使い方です。

利用料金などには不満はなかったのですが、2台の持ち運びや充電等に手間がかかり面倒に感じている状況でした。

ちょうど、ドコモの2年縛り明けの「契約更新月」を迎えたので、MNPによる乗り換えをしました。

イオンモバイルに乗り換えるメリット

店舗が多い

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社が展開する格安SIM・格安スマホのサービスです。

格安SIMの申し込みは、オンラインでの手続きが主流となっていますが、イオンモバイルは、店頭での即日契約やサポートを行っているMVNO事業者です。

全国のイオン200店舗以上にて契約、料金プラン変更、故障修理受付等のアフターサービスに対応しています。

店舗には、「契約即日渡し店舗」「後日配送渡し店舗」があり、イオンモバイルの店舗一覧のページから検索が可能です。

「契約即日渡し店舗」であれば、契約後にSIMを即日受け取り、即開通となり、すぐに普段通り使えるようになります。

ただし、「後日配送渡し店舗」や「WEB」で、MNP乗り換えで契約する場合は少し時間が必要です。

「後日配送渡し店舗」や「WEB」での契約後は、現在契約中の携帯会社で通話・データ通信が利用できなくなります。よって、SIMが自宅に届くまでの期間に空白ができてしまいます。これは、MNP転入の開通手続きをSIMカードの到着前にイオンモバイル側で行うためです。

他のMVNOでは、SIMカードが届いた後に開通手続きを自分で行うことが多いようです。

料金プランが豊富

料金プランは、データ通信のみの「データプラン」、音声通話・データ通信・SMSが利用可能な「音声プラン」、家族での契約に便利な「シェア音声プラン」と3種類があります。

それぞれのプランは、データ容量が細かく設定されているので、通信量が少なくて料金を抑えたい方からヘビーユーザーまで、幅広く対応可能です。

データ容量 音声プラン データプラン シェア音声プラン
500MBプラン 1,130円/月
1GBプラン 1,280円/月 480円/月
2GBプラン 1,380円/月 780円/月
4GBプラン 1,580円/月 980円/月 1,780円/月
6GBプラン 1,980円/月 1,480円/月 2,280円/月
8GBプラン 2,680円/月 1,980円/月 2,980円/月
12GBプラン 3,280円/月 2,680円/月 3,580円/月
20GBプラン 4,680円/月 3,980円/月 4,980円/月
30GBプラン 6,080円/月 5,380円/月 6,380円/月
40GBプラン 7,980円/月 7,480円/月 8,280円/月
50GBプラン 10,800円/月 10,300円/月 11,100円/月

引用元:イオンモバイル 料金プラン 、価格は税抜き

イオンモバイルに店舗でMNP乗り換え前にやっておくべきこと

イオンモバイルに店舗でMNP乗り換えする場合の手順です。

イオンモバイルの店舗を検索する

まずは、SIMを店舗で契約・即日開通させるために、イオンモバイルの公式サイトで「ご契約即日お渡し店舗」とよばれる即日開通対応可能な店舗を検索します。

店舗受付シートを作成する

イオンモバイルの店舗を検索するページには、「店舗受付シートを作成する」という項目があるので、画面の指示に従い、回線の種類、SIMの種類、料金プラン等を選択していきます。

初期費用と毎月の支払い額が表示されたら、契約にあたっての重要事項説明書の内容を確認します。確認後「重要事項説明書を確認しました」にチェックを入れて「この内容で店舗にて受付する」を選択します。

「印刷する」をクリックしてシートを印刷します。この「店舗受付シート」を持参すると、店舗では必要最低限の説明のみで契約手続きを進めることができます。予約ではありませんので、店舗で内容を変更しても大丈夫です。

実際のところ、「店舗受付シート」を持参して申し込みに行きましたが、長々とした説明やセールストークを受けることはありませんでした。

契約に必要なものを準備する

MNP乗り換えの場合に必要なものは以下の3つです。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 月額料金支払いに使用するクレジットカード
  • MNP予約番号

MNP予約番号を取得(ドコモの場合)する

ドコモからMNP予約番号を取得するには、下記の方法があります。

  1. ドコモショップで取得する。
  2. ドコモインフォメーションセンターに電話して取得する。
  3. My docomoを使ってWEB上からオンライン手続きで取得する。

もちろん「③My docomoを使ってWEB上からオンライン手続きで取得する。」がおすすめです。
所要時間約5分。ドコモショップで待つことも、ドコモインフォメーションセンターのオペレーターからMNPを引き止められることもありません。

店舗に行って契約する

「本人確認書類」「クレジットカード」「MNP予約番号」、前記で作成した「店舗受付シート」を持参して店舗に行きます。

イオンの店舗の営業時間とイオンモバイルの営業時間、さらにMNP契約受付時間が店舗ごとに異なる場合があるので、事前にチェックしておくと安心です。

イオンモバイルの窓口に行ったら

イオンモバイルの窓口に行き、店員さんに「店舗受付シート」を見せると、すぐに「AEON MOBILE お申込情報」という用紙を用意してくれます。

用紙に契約者名、生年月日、連絡先等を記入すると、店員さんがタブレットに情報を打ち込んでいきます。

その作業と同時に、店員さんから契約内容の説明を受けます。「イオンスマホ安心パック」や「050かけ放題」等のオプションをつける場合は、あわせて申し込みます。

内容について最終確認をした後、タブレット上にサインをして申し込みは終了です。

契約当日、営業開始時間の10時に窓口に行き、すぐに手続きを開始したところ、10時20分頃には申し込みは終了しました。

申し込み当日は、初期費用(SIMカード費用)として税込3,240円が必要です。

開通を待つ

イオン店舗でのMNP乗り換えは、SIM発行手続きに1時間から1時間半かかるとのことでした。

店員さんから「SIMをお渡しできる時間は12時頃です。」と伝えられ、「申し込み控えの用紙」を受け取り、イオンで買物をしながら開通を待ちます。

12時に再度窓口に行きSIMを受け取って、店員さんにAPN設定をしてもらうとすべての手続きが終了です。

おわりに

イオンモバイルの店舗で、即日MNP乗り換えをしましたが、手続きが簡単でスムーズでした。

ショッピングモールにあるイオンモバイルの店舗も多いので、買物のついでにSIMも契約といったこともできます。

一方、MNP乗り換えを「後日配送渡し店舗」や「WEB」で契約する場合は、SIMが自宅に届くまで空白期間ができてしまいますので、注意が必要です。

また、時期により各種キャンペーンが行われています。
今回、キャンペーンの適用によって受けることができた割引等は、以下のとおりです。

  • 音声プランSIMを新規もしくMNP転入で契約すると、月額料金が3ヶ月間1,130円(税抜)割引き。
  • イオンモバイル店舗にて、新規SIM契約かつ毎月の通信費をイオンマークのカードのクレジット払いに支払い設定するとSIMカード代金が1,000円(税抜)割引き。
  • 音声プランSIMを新規もしくMNP転入で契約すると、1回線につき3,000WAONポイントプレゼント。

3つのキャンペーンが適用となり、かなりお得でした。

キャンペーンは、WEB契約も含めて適用となる場合と、WAONポイントプレゼントのように同じ時期でも、店舗ごとに行われるものもあります。イオンモバイルに乗り換え、または新規契約を検討されている方は、イオンモバイル公式サイトで最新情報をチェックしてみてください。

以上、イオンモバイルへの乗り換えを、イオンの店舗で契約したときの詳細でした。

イオンモバイル キャンペーン情報

イオンモバイルお乗換えキャンペーン

キャンペーン期間:2019年5月10日(金)~2019年6月9日(日) 店舗販売限定

他社からイオンモバイルにMNP乗り換えをされた方を対象に、他社料金プランの契約解除料相当額を還元するキャンペーンです。

  • 更新月以外にMNP乗り換え→1回線につき10,000WAONポイントプレゼント。
  • 更新月にMNP乗り換え→1回線につき3,000WAONポイントプレゼント。

イオンモバイル新規ご契約キャンペーン

キャンペーン期間:2019年2月15日(金)~2019年5月31日(金) 店舗販売限定

新規SIM契約かつ毎月の通信費の支払いにイオンマークのカードのクレジット払いを設定し、イオンウォレットのクーポンをご提示した場合、SIMカード代金が1,000円(税抜)引きとなるキャンペーンです。

なお、キャンペーンの詳細については、イオンモバイルの公式サイトをご参照をください。