Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Microsoftアカウントを新規に作成する方法

「Microsoftアカウント」は、Microsoft(マイクロソフト)社のさまざまなオンラインサービスを利用するためのアカウントです。Office Online、Outlook、OneDriveなどの複数のサービスを1つの「Microsoftアカウント」で利用できます。

また、Windows10を利用する際、「ローカルアカウント」あるいは「Microsoftアカウント」でサインインする必要があります。

「Microsoftアカウント」でサインインすると、同じアカウントでサインインした他のPCやタブレット、スマートフォンなどの異なる端末の間で、設定を同期することが可能になります。

本記事では、「Microsoftアカウント」を新規に作成する方法を紹介します。

Microsoftアカウントを新規作成する方法

Microsoftアカウントを新規に作成するには、以下の2つの方法があります。

  1. 新しいメールアドレスを取得して新規作成する方法
  2. お持ちのメールアドレスで新規作成する方法

新しいメールアドレスを取得して新規作成する方法

まずは、メールアドレスを新たに取得して、Microsoftアカウントを新規作成する手順です。

Microsoftアカウント作成ページにアクセスします。

Microsoftアカウント作成ページ

「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。

新しいメールアドレスを取得を選択

新しく取得したいメールアドレスのアカウント名を入力し、ドメインを選択します。
アカウント名の入力およびドメイン選択後に「次へ」をクリックします。

メールアドレスのドメインを選択

ドメインは、下記の中から選択することができます。

  • outlook.jp
  • outlook.com
  • hotmail.com
メールアドレス用ドメイン3種類

入力したアカウント名が既に使用されている場合は、「次へ」をクリックしたときには下記のメッセージが表示されます。

例えば、「test」と入力した場合、「test@outlook.jp」はMicrosoftアカウントとして既に使用されているアカウント名ということになりますので、使用可能なアカウント名を入力し、次の手順に進みます。

カウント名が既に使用されている場合のメッセージ

次の画面でパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

パスワードの作成

パスワードは、大文字、小文字、数字、記号のうち2種類以上を含めた8文字以上で作成します。

パスワードに設定できる文字の種類

「姓」「名」を入力し、「次へ」をクリックします。

「姓」「名」を入力

「国/地域」、「生年月日」を入力して「次へ」をクリックします。

代替テキスト:「国/地域」「生年月日」を入力

表示されている文字を入力し、「次へ」をクリックします。

表示されている文字を入力

画面が切り替わり、Microsoftアカウントのホーム画面が表示されます。
これで、Microsoftアカウントが新規作成に作成されました。

Microsoftアカウントホーム画面

セキュリティ情報の追加

次に、パスワードを忘れた場合など、本人確認が必要となったときに利用する電話番号または連絡用メールアドレスを登録します。

Microsoftアカウントのホーム画面の「セキュリティ」をクリックします。

「セキュリティ」を選択

「更新情報」をクリックします。

「更新情報」を選択

「お客様のアカウント保護にご協力ください」の画面に移動します。
追加するセキュリティ情報として、「電話番号」または「連絡用メールアドレス」から選択します。

この手順では「電話番号」を選択し、電話番号を入力して進めます。

入力した電話番号を確認するための連絡方法を、「テキスト」または「電話」から選択します。

ここでは、セキュリティコードをSMSで取得するため「テキスト」を選択します。

入力後「次へ」をクリックして、手順を進めます。

セキュリティ情報を追加

SMSに届いた、セキュリティコード4桁を入力し、「次へ」をクリックします。

セキュリティコードを入力

「ご本人確認のお願い」の画面に移動します。
「********にSMSを送信」をクリックします。(********部分は入力した電話番号です。)

本人確認のためSMSを送信

電話番号確認のため「電話番号の末尾4桁」を入力し、「コードの送信」をクリックします。

電話番号の末尾4桁を入力

SMSに届いた、セキュリティコード7桁を入力し、「確認」をクリックします。
必要に応じ「今後、このデバイスでこのメッセージを表示しない」にチェックを入れます。

セキュリティコードを入力

パスワードなしでサインインするためのスマートフォンアプリを入手する画面になりますが、ここでは「キャンセル」をクリックします。

スマートフォンアプリの入手をキャンセル

画面が切り替わり、「セキュリティの設定」の画面になります。
連絡用の電話番号が設定されていることが確認できます。

セキュリティ情報が追加された画面

以上で、新しいメールアドレスを取得してMicrosoftアカウントを新規作成する手順は終了です。

お持ちのメールアドレスで新規作成する方法

続いては、Gmailなどの既に利用している、お持ちのメールアドレスでMicrosoftアカウントを新規に作成する手順です。

Microsoftアカウント作成ページにアクセスします。

Microsoftアカウント作成ページ

Microsoftアカウントとして利用するメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

メールアドレスを入力

パスワードを作成し、「次へ」をクリックします。

パスワードの作成

パスワードは、大文字、小文字、数字、記号のうち2種類以上を含めた8文字以上で作成します。

パスワードに設定できる文字の種類

「姓」「名」を入力し、「次へ」をクリックします。

create-microsoft-account-25.jpg

「国/地域」、「生年月日」を入力して「次へ」をクリックします。

「国/地域」「生年月日」を入力

Microsoftアカウントとして利用するメールアドレス宛に、4桁のセキュリティコードが記載されたメールが届きます。
メールに記載された4桁のセキュリティコードを入力し、「次へ」をクリックします。

セキュリティコードを入力

表示されている文字を入力し、「次へ」をクリックします。

表示されている文字を入力

画面が切り替わり、Microsoftアカウントのホーム画面が表示されます。
これで、お持ちのメールアドレスでMicrosoftアカウントが新規作成に作成されました。

Microsoftアカウントホーム画面

セキュリティ情報の確認

次に、前述の「新しいメールアドレスを取得して新規作成する方法」における「セキュリティ情報の追加」手順と同様に、本人確認が必要となったときに利用する連絡用メールアドレスの確認をします。

Microsoftアカウントのホーム画面の「セキュリティ」をクリックします。

「セキュリティ」を選択

「更新情報」をクリックします。

「更新情報」を選択

「ご本人確認のお願い」の画面に移動しますので、「********にメールを送信」をクリックします。(********部分は登録したメールアドレスです。)

本人確認のためメールを送信

メールに届いた、セキュリティコード7桁を入力し、「確認」をクリックします。
必要に応じ「今後、このデバイスでこのメッセージを表示しない」にチェックを入れます。

セキュリティコードを入力

パスワードなしでサインインするためのスマートフォンアプリを入手する画面になりますが、ここでは「キャンセル」をクリックします。

スマートフォンアプリの入手をキャンセル入手

画面が切り替わり、「セキュリティの設定」の画面となります。
連絡先メールアドレスが設定されていることが確認できます。

セキュリティ情報が追加された画面

以上で、お持ちのメールアドレスでMicrosoftアカウントを新規に作成する手順は終了です。

おわりに

Microsoftアカウントを新規に作成する方法として、「新しいメールアドレスを取得して新規作成する方法」と「お持ちのメールアドレスで新規作成する方法」を紹介しました。

新規に作成したMicrosoftアカウントで、Windows10へのサインインやMicrosoft社のオンラインサービスが利用可能になります。