Windows 10とは?

Windows 10とは?

Windows 10は、Microsoft社が開発・リリースしているオペレーティングシステム(OS)です。

2015年7月に最初のバージョンがリリースされてから、さまざまなアップデートが行われています。

Windows 10以前のオペレーティングシステムは、アップグレードのたびに「Windows 7」「Windows 8.1」のように新しいバージョンとして提供されてきており、ユーザーは、場合によっては新しいバージョンごとにPCを買い替えたりする必要がありました。

バグやセキュリティホールに対する修正プログラムの提供も、製品発売後のサポート期限の終了とともに受けられなくなりました。

しかし、Windows 10は”Windows 10”というバージョンは変わらないまま、”Windowsの最後のバージョン”として「Windows Update」を通じてアップデートされ続けます。

PCやタブレットが機械的に壊れるまで、常に最新のオペレーティングシステムとして無期限に利用できるのです。

Windows 10のエディション

Windows 10には、主に4つのエディションが用意されています。

個人・家庭向けの一般的な「Home」、企業ユーザー向けの「Pro」、 大規模企業ユーザー向けの「Enterprise」、教育機関向けの「Education」の4つのエディションです。

その他、スマートフォン向けの「Mobile」、企業向けスマートフォン用の「Mobile Enterprise」組込み機器向けの「IoT Core」といったエディションもあります。

種類 用途
Windows 10 Home 個人・家庭向け
Windows 10 Pro 企業向け 
Windows 10 Enterprise 大規模企業向け
Windows 10 Education 学生・教師向け
Windows 10 Mobile スマートフォン向け
Windows 10 Mobile Enterprise 企業向けスマートフォン
Windows 10 IoT Core 組み込み機器向け

Windows 10のバージョン、OSビルド

Windows 10は、インターネットに接続されている環境であれば、「Windows Update」により自動的にアップデートプログラムが適用されていきます。

年2回、大型アップデートの提供が行われ、セキュリティの向上や機能の追加が行われます。この大きな機能更新プログラムがリリースされ、更新が適用されると「バージョン」も更新されます。

「バージョン」には名称が付けられており、「OSビルド」はソフトウェア開発における進捗状況を示した数値になります。

「バージョン」の「1511」や「1803」といった番号は、開発が完了した年と月(YYMM)を組み合わせています。「1511」であれば2015年11月、「1803」であれば2018年3月を示しています。

リリース バージョン OSビルド 名称
2015年07月 1507 10240 RTM(Release To Manufacturing)
2015年11月 1511 10586 November Update
2016年08月 1607 14393 Anniversary Update
2017年04月 1703 15063 Creators Update
2017年10月 1709 16299 Fall Creators Update
2018年04月 1803 17134 April 2018 Update
2018年10月 1809 17763 October 2018 Update

次期大型アップデートは、「May 2019 Update(1903)」として、2019年5月後半に提供が開始される予定です。

Windows 10のエディション、バージョン、OSビルドを確認する方法

お使いの「Windows 10」のエディション、バージョン、OSビルドを確認する手順を紹介します。いろいろな確認方法がありますので、お試しください。

「エクスプローラー」を起動して確認する方法

タスクバーから「エクスプローラー」を起動します。

エクスプローラーを起動

①「ファイル」をクリックし、②「ヘルプ」にマウスポインターをあわせ、③右側に表示される「バージョン情報」をクリックします。

ファイル→ヘルプ→バージョンの順にクリック

「Windowsのバージョン情報」が表示され、バージョン、OSビルド、エディションを確認することができます。

Windowsのバージョン情報

「OK」をクリックして画面を閉じます。

「タスクバーの検索ボックス」から確認する方法

タスクバーの検索ボックス「ここに入力して検索」に「winver」と入力します。

タスクバーの検索ボックス

表示された検索結果から、「winver コマンドの実行」をクリックします。

winver コマンドの実行

「Windowsのバージョン情報」が表示され、バージョン、OSビルド、エディションを確認することができます。

Windowsのバージョン情報

「OK」をクリックして画面を閉じます。

「ファイル名を指定して実行」から確認する方法

タスクバーの検索ボックスを非表示に設定しているなどの場合は、キーボードの「Windows」キーを押しながら、「R」キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」が表示されます。

入力欄に「winver」と入力し、「OK」をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」を起動

上記と同様に、「Windowsのバージョン情報」が表示されます。

Windowsのバージョン情報

「OK」をクリックして画面を閉じます。

「Windowsの設定」から確認する方法

デスクトップの「スタート」ボタン→「設定」の順にクリックします。

「スタート」ボタン→「設定」とクリック

「システム」をクリックします。

「システム」を選択

「バージョン情報」をクリックします。

「バージョン情報」をクリック

画面を下にスクロールし、「Windowsの仕様」の項目を表示するとエディション、バージョン、OSビルドを確認することができます。

Windowsの仕様の項目

確認手順は以上です。

おわりに

ネット通販や家電量販店等で個人利用のPCやタブレットを購入した場合、一般的には「Windows 10 Home」または「Windows 10 Pro」が搭載されています。

Windows 10は、PCやタブレットが機械的に壊れるまで無期限に利用でき、Windows 10のエディション・バージョン・OSビルドを調べることで、どのアップデートが適用されているかを確認することができます。

「Windows Update」は、システムを最新の状態に保つためのオンラインサポート機能であり、セキュリティ強化のためには欠かせません。

お使いのPCについて、各情報を確認してみましょう。